よくいただくご質問 予防接種について-丸の内クリニック

東京都千代田区丸の内1-6-2 新丸の内センタービル4F(丸の内オアゾ内)アクセス
健診web予約tel:0352238822
外来web予約tel:0352202200
丸の内クリニックのご案内 TOP

よくいただくご質問
予防接種について

風疹ワクチンは妊娠中もしくは可能性がある場合も受けられますか?
風疹ワクチンは、大変安全なワクチンで、妊娠中の風疹ワクチン接種によって胎児に障害がでたという報告はこれまで世界的にもありませんが、その可能性は理論的にまったく否定されているというわけではありませんので、お勧めしておりません。丸の内クリニックでは、風疹ワクチンを接種する場合には、妊娠していない時期(生理中またはその直後がより確実)にワクチン接種を行い、その後2ヶ月間の避妊が必要です。

※1.妊娠中の女性が風疹に感染した場合、その胎児が先天性風疹症候群(※2)を発症する場合があります。成人での風疹ワクチン接種は、これを予防することを目的としています。
※2.先天性風疹症候群の主な症状:先天性心疾患・難聴・白内障・網膜症・発育遅滞・精神発達遅滞など
風疹の抗体検査はいくらかかりますか?
診察代と検査代合わせて7,000円前後です。
過去に風疹の予防接種を受けた(抗体があるか)かわからない。受けても大丈夫でしょうか?
仮に抗体があった方でも、受けても問題はありません。
風疹の予防接種を行っていない年代を教えてほしい。
各自治体によっても違いがありますが1979年以前に出生の男子、および予防接種制度切り替え時期にあたる1979年4月2日~1987年10月1日生まれの男女の接種率が低いとされています。

詳細はこちら「国立感染症研究所」をご参照ください。
急に海外赴任が決まり、何のワクチンを打てばいいか教えてほしい
渡航先に応じて必要な予防接種については「厚生労働省検疫所」をご参考にしてください。
海外赴任のため、渡航前にできる限りのワクチンを希望したいのですが、どのようなスケジュールで申し込めばよいでしょうか?
不活化ワクチン(インフルエンザ・A型肝炎・B型肝炎)やトキソイド(破傷風)を優先的に接種するスケジュールをお勧めしています。 不活化ワクチンやトキソイドは接種後6日以上の間隔をあければ他のワクチン接種が可能なのに対して、生ワクチン(風疹・麻疹・水痘・麻疹風疹混合)接種後は、他のワクチンを接種する際に27日以上間隔を開ける必要があります。そのため、渡航日を基準に必要なワクチンの接種スケジュールをご検討ください。
同時(同日)に複数のワクチンを接種することはできますか?
組み合わせや種類、本数の制限はございませんが、接種部位を変えて対応しています。ただし、当日の体調などを考慮し、医師の判断で接種を見合わせる可能性もございますのであらかじめご了承ください。
トップに戻る
丸の内クリニック

丸の内クリニック 概要

丸の内での人間ドック、健康診断、外来診療(内科、皮膚科、婦人科、乳腺外科)は丸の内クリニックへご相談ください

紹介実績がある主な病院
  • 東京大学医学部附属病院
  • 東京逓信病院
  • 国立がん研究センター中央病院
  • がん研究会有明病院
  • 虎の門病院
  • NTT東日本関東病院
  • 東京都立駒込病院
  • 聖路加国際病院
  • 東京医科歯科大学医学部附属病院
  • JCHO東京新宿メディカルセンター
施設認定
  • 一般社団法人日本総合健診医学会「優良総合健診施設認定」
  • 一般社団法人健康評価施設査定機構「優良認定施設」
  • 社団法人日本消化器内視鏡学会「指導施設認定」
医院名
医療法人社団 丸の内クリニック
標榜科目
内科、消化器内科、肝臓内科、循環器内科、糖尿病内科、 皮膚科、乳腺外科、婦人科、内視鏡内科
院長
石川隆(医学博士)
住所
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-2 新丸の内センタービル4F(丸の内オアゾ内)
アクセス
JR線 東京駅丸の内北⼝ 徒歩3分
東京メトロ丸ノ内線 東京駅1 番出口および 東西線 大手町駅B2b 出口から丸の内オアゾに直結